本文へ移動

中央コンピューターサービス株式会社(CCS)全国の公共・教育ICT支援

公共事業部 第1営業課 課長
中村 敦史
営業職としてキャリアアップできる、仕事の質、規模ともに期待以上の転職でした。

転職の動機を教えてください。
前職では、営業やネットワークの構築、サポートなどを幅広く担当していたのですが、今後を見据えたときにお客様に一番近い営業職により力を入れていきたいと感じまして。そういう自分をバックアップしてくれる企業への転職を考え、以前から知っていたCCSの営業職に応募しました。

“外”から見たときはCCSにどういう印象を持っていましたか?
事業の核となる行政システムに『G‐TAWN(現:Web-TAWN)』という自社パッケージを持っていることは知っていましたし、きちんとユーザーニーズを汲み取って物事を進めている会社という印象でした。「自分がやりたいことを実現できる会社」だという評判も高く、自分の意志をしっかりもっていればキャリアアップにつながりそうなところも応募の決め手になりました。

職務経歴書を書く際に留意した点を教えてください。
私が経験してきた業務のなかでも、CCSが関心を持ちそうなところ、面接の場でキーワードとなりそうな部分に厚みを持たせて書きました。自治体事業がメインだったCCSが今後は違う分野にも取り組んで行きたいと考えていることを聞いていたので、「医療機関」や「大学」を対象にした営業経験を強調しました。面接は自己アピ竏茶汲フ場ですので一般的なことを書いても目にとまらないと思います。採用する側が知りたいと思うことを書かなければ。

転職後の今の気持ちは?
前職の経験もいかせますし、これまでやったことのないことを提案できる場もありますので、転職してよかったと思います。転職前は営業から保守サポートまで一人でこなしていましたが、今は分業になり、組織としての業務フローやスケジュール面でとまどうことはありました。いろんな方を経由して仕事を進めていきますので、チームとしてのコミュニケーションが大切。そこが楽しいところであり、難しい部分でもあると思います。

転職の際に気になる人間関係はいかがですか。
おかげさまで人的な環境にも恵まれておりまして、人間関係も良好。周囲にサポートしてもらっています。

“中”に入ってから見えてきたCCSとはどういう会社でしょう。
お客様も多く、仕事も多くて大変ですが(笑)、それをクリアしていく価値のある仕事が多いと思います。最先端のことに関わっていける環境の中、自分の考え方ひとつで今以上に楽しく働いていけると思います。

転職にあたり、中村さんが事前に会社研究をしていたことはプラスに働きましたね。
会社にはそれぞれの文化があると思います。どういう仕事の進め方をしているのか、どういう強みがある会社なのかを知っておいたほうが入社後に自分ができることが明確になると思います。

これから応募される方にアドバイスをお願いします。
たくさんの応募者がいるなかでは、自分はこういうことがやりたいと自分の言葉で話せる人が採用側の目にとまるはず。自分なりのアピールができるようベストを尽くしてください。

TOPへ戻る