本文へ移動

中央コンピューターサービス株式会社(CCS)全国の公共・教育ICT支援

トピックス

はじめての特許!(特許出願)#2 特許調査

はじめに

~特許出願に関して、N氏に話かけられたゆりちゃん。~

N氏 専門家に相談する前に、既に同様の内容で出願されていないか、特許調査を頼むよ。 ゆりちゃん 特許調査!?どうやるんだろう・・・。(ゆりちゃん大ピンチ!) N氏 J-PlatPatというWebサイトで、無料で検索できるんだ。 ゆりちゃん 世界知的所有権機関(WIPO)が発表した内容によると、2017年に日本で出願された特許数は、48,208件もあるんだ・・・。
Webサイトで調べきれるのかな・・・。
ゆりちゃん でも、専門家やN氏に頼らず、自分でも検索できるようにならないとね。とりあえずやってみよう!

J-PlatPat

~J-PlatPatについて調べ始めたゆりちゃん。~

ゆりちゃん J-PlatPatでは、特許をテキストで検索するだけではなく、International Patent Classification(IPC)や、File Index(FI)、File Forming Term(Fターム)と呼ばれる項目で検索できるみたい。 ゆりちゃん それぞれの意味を調べてみよう!

IPC

ゆりちゃん IPCは、国際特許分類のことだね。

FI

ゆりちゃん FIは、国際特許分類を細分化した特許庁独自の特許文献の分類なんだね。

Fターム

ゆりちゃん Fタームは、特許庁独自の特許文献の分類記号だね。
文献に記載された発明の技術的特徴によって分類されているから、技術分野毎に調べることができるね。

ゆりちゃん Fタームは計9桁のコードで表記するんだ!具体的には、テーマコード5桁とターム4桁に分かれるんだ!

テーマコード

ゆりちゃん J-PlatPatのWebサイトにあるパテントマップガイダンス(PMGS)の画面に、テーマコード表があるね。
今回は業務システムでの特許出願だから、テーマコードは「5L049: 管理・経営・業務システム,電子商取引」だね!

ターム

ゆりちゃん Fターム照会の分類表から該当するテーマコードを選択すると、Fタームリストがあるね。
当社では、「CC34: 教育」や、「CC35: 政府又は公共事業」を検索することが多いね!

~J-PlatPatを使用した特許調査ができるようになってきたゆりちゃん。~

専門家への相談

N氏 そろそろ、専門家に相談しよう。 ゆりちゃん どこに相談しに行けばいいの? N氏 北海道知財総合支援窓口だよ。初回は、訪問支援で来社してくれるよ。 ゆりちゃん 来社してくれるなんて、有難いな~!

北海道知財総合支援窓口

~2018年3月。支援担当の方と弁理士の方が来社され、相談をしたN氏とゆりちゃん。~

N氏 出願の前に、弁理士の方が特許の可能性について、簡易調査をしてくれるようだね。
有償だけど、専門家にも一度お願いしてみよう。

簡易調査

~2018年4月。弁理士の方から簡易調査の結果を受領したN氏とゆりちゃん。~

N氏 特許出願に当たって、請求項5つのうち、メインの請求項が1つ、サブの請求項が4つで構成するといいようだ。
このまま有償で特許出願を依頼すると、出願原稿の作成と共に、より効果的な請求項も考案してくれるようだね。
ゆりちゃん 専門家が居ると、心強いね!

おわりに

N氏 今回は、J-PlatPatを使用した特許調査の仕方と、専門家への依頼の仕方を知ることができたね!
N氏 次回は、弁理士の方に特許出願を依頼して、特許出願の流れを学んでいこう。

ゆりちゃん 技術開発推進部ゆりちゃんからのお願い
顔マークを押して、技術ブログの感想をお聞かせください^^
  • 超いいね

    1

  • いいね

    0

  • ふつう

    0

  • まあまあ

    0

  • うーん

    0

技術者への道

TOPへ戻る