MESSAGE

代表挨拶

お客様との信頼関係を大切に、新たな価値創造に努めてまいります。

 

1981年、私たち中央コンピューターサービスは北海道東部の中標津町で産声を上げました。
このまちのお役に立ちたい。このまちの人々を笑顔にしたい。
その想いカタチにするために、地域の方々とともに
当時の巨大コンピューター(汎用機)では不可能と言われていた課題に挑み続けてきたのです。

あれから約40年。
コンピューターはサイズダウンし、機能は飛躍的に向上していますが、
私たちの想いは少しも変わることなく、
お客様のご要望にお応えするために社員一人ひとりが知識とスキルを磨く日々です。

私たちの原点である自治体との共同開発・共同利用・共同負担という理念は、いまでは全国各地の自治体や教育関係機関等にご理解いただき、それぞれのお客様のニーズに応じた最適なシステム構築を実現しています。

このように、一般的なIT企業とは少々異なるビジネスモデルを展開している私たちは、
地域のITパートナーとして人々が快適に笑顔で暮らせるまちづくりに貢献できるよう、
お客様との信頼関係を何よりも大切に育みながら、お客様目線での新たな価値創造に努めてまいります。

 

中央コンピューターサービス株式会社

代表取締役  真籠 毅