ホーム > トピックス > 技術者への道 > はじめてのAR!#2 ~技術習得の流れ~

トピックス

はじめてのAR!#2 ~技術習得の流れ~

中央コンピューターサービスでは、2018年4月に技術開発推進部が新設され、お客様へのサービス向上に向けた更なる取り組みとして、AIやAR/VR等の先端技術の調査を開始しました。 奮闘しながら取り組む女性社員ゆりちゃんが、その様子をお伝えします。

前回までの内容:はじめてのAR!#1 ~スマートグラス~


~前回、スマートグラスやAndroid等の固有名詞を使いながらARの技術習得の概要を伝えたゆりちゃん。~

ゆりちゃん 今回は技術習得を具体的にどのように進めているかを振り返ってみよう。
ゆりちゃん 4月から発足した技術開発推進部は、製品開発につなげられるような技術習得を目標として、まずはシステムやサービス、周辺機器の調査を実施したよ。
ゆりちゃん その後、AIやARの先端技術を盛り込んだ製品開発計画の骨子案を部内で作成し、AIとARの担当に分かれて立案した技術習得計画を沿って、課題の抽出や関連技術の調査や学習を各自で実施しているよ。
ゆりちゃん そこで私はARの担当となり、関連技術としてまず最初にAndroidの学習を進めることになったよ!
ゆりちゃん 始めはどうやって学習を進めて良いかわからず不安だったけど・・・。
ゆりちゃん 資格試験のシラバスや書籍の目次を参考にして、今回の製品開発に必要そうな項目を抽出し、実際に購入した書籍を読んでプログラミングしながら学習しているよ。それと・・・。

堀川さん
サンプルプログラムを作成したよ!
ゆりちゃん
ありがとうございます!


ゆりちゃん AndroidはJavaの知識も必要で、Javaの知識が豊富な先輩の堀川さんに助けてもらいながら進めているよ!
ゆりちゃん サンプルプログラムを基にプロトタイピングを進めて、まずは製品の仕上がりを検証していこう!

ゆりちゃん でも技術習得だけでは個人的な学習になってしまうのかな・・・。
ゆりちゃん 学習記録やシステム開発モデルに沿った成果物を残すようにすれば、次の技術習得や製品化の際に参考にすることが出来るね!

ゆりちゃん 技術を推進する部署として、技術習得だけが業務ではないよね・・・。 ゆりちゃん 当社は自社開発をしているから、他の部署の開発経験豊富な方の情報を集約して、 開発技術の標準化に携わることも重要だね。 ゆりちゃん 自社開発と言えば、1から全て自社で開発するとなると大変な労力が必要だから、価格面においても魅力的なシステムを開発するために、他社が用意したサービスを検証することも必要だね。

ゆりちゃん 色々と同時並行で進めなければならないことがあるけど・・・。
ゆりちゃん このような業務に携われるのは、お客様はもちろんのこと、お客様のために真摯に業務と向き合う他部署の方々のお陰だね!

ゆりちゃん 新たなビジネスチャンスに繋がるよう微力ながら少しずつ、尽力していこう!

~開発技術の標準化や効率化を目指しながら、技術習得を進めるゆりちゃんであった。~

~次回に続く~
技術者への道
NIGAOE MAKER(当ページの人物画像は、NIGAOE MAKERで作成しました。)

TOPへ戻る